太田哲也 スポーツドライビングスクールお申し込みお問合せ
開催レポート

2018年5月12日『injured ZEROプロジェクト アドバンス&スパタイGPスペシャル』開催レポート

20180512_00

【日時】2018年5月12日(土)
【場所】袖ヶ浦フォレストレースウェイ
【主催】(株)スポーツドライビングジャパン内Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局

去る5月12日(土)に、幾多のトップカテゴリー・レースで活躍した自動車評論家/レーシングドライバーの太田哲也氏を校長とした『injured ZEROプロジェクト アドバンス&スパタイGPスペシャル』が開催されました。会場となったのは、都心からクルマにて約1時間で行ける袖ヶ浦フォレストレースウェイです。

当スポーツドライビングスクールは「injured ZERO」プロジェクトの一環として開催されており、「安全運転を、楽しく学ぶ」をテーマに、一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標としています。クルマの運転が上手くなれば安全につながるという基本理念のもと、座学と参加者自身の愛車による走行を通じて、ドライビングに関する知識、意識、技術の向上を図れ、交通マナーを楽しく学べる点が特徴です。国土交通省安全運転推進事業の一環として開催されました。

安全運転コンサルティング・メニューの基本となっているのは、交通事故を減らすためには、クルマを自動運転化したり、道路を改善したりしてアクティブセーフティおよびパッシブセーフティを高める方向性だけではなく、運転者である「人」の教育や意識改革といった要素も欠かすことができないという考え方です。その想いに基いて、運転技術、マナー、安全への意識を向上させることを目的としたドライビングレッスンを開催しています。

今回は春のスペシャル版として、太田校長から安全運転に関するレクチャーを受けつつ、朝からお昼過ぎまでの時間で走行メニューを中心として楽しんでいただくプログラムにて開催しました。

今回も参加者全員が座学講習で学んだことを活かし、全走行を通じて「injured ZERO」を体現してくれたこともあり、事故ゼロで終えることができました。

安全にドライビング・スキルのアップを図りたい方は『injured ZEROプロジェクト』のスポーツドライビングスクールを受講するのがベストなので、次回の開催予定をチェックしておくといいでしょう。

20180512_01

参加者受付が始まる前の最初のプログラムとして、T.BASEサービスファクトリーの尾形メカニックによる出走前点検講座を行いました。

20180512_02a 20180512_02b

座学講習では、太田哲也校長による「太田流 安全・上手な袖ヶ浦攻略法と落とし穴」をテーマとしたゼミがありました。

20180512_03a 20180512_03b 20180512_03c 20180512_03d 20180512_03e 20180512_03f

エンジョイ・アドバンスクラスを受講した参加者たちは、まず袖ヶ浦フォレストレースウェイの本コースを慣熟走行。1回目のフリー走行後に太田校長によるアドバイスタイムがあり、質問も受けつけました。当スクールは講師陣と参加者の距離が近い点も特徴としています。アドバイスタイムでの注意事項を踏まえた上で、2回目の走行を行いました。

20180512_04

走行終了後に太田校長からレッスン参加者に修了証が渡されました。今回も参加者は安全運転とドライビング技術の大切さについて身をもって学ぶことができました。

 

 





20181008アドバンス&スパタイGPスペシャル 20181008スパタイGP2018第2戦

少人数VWゴルフR・GTIレッスン

開催レポート一覧をみる

スパタイレポート一覧をみる

ncg 2013年12月23日 みんカラ

開催レポート一覧をみる

メディア情報

年間スケジュール

お申し込み

お問い合わせ

個人情報のお取り扱いについて