太田哲也 スポーツドライビングスクールお申し込みお問合せ
開催レポート

5月13日 injured ZEROプロジェクト 『Tetsuya OTA × ホリデーオート ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA』開催レポート

20170513_01 20170513_02

日時:2017年5月13日(土)

場所:NATS(日本自動車大学校)
協力:マツダ(株)

20170513_03 20170513_04

東京ドーム3個分の広大なキャンパス内に専用サーキットを持つ自動車整備士養成学校「NATS」を会場として、去る5月13日(土)に、injured ZEROプロジェクト 『Tetsuya OTA × ホリデーオート ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA』が開催されました。

自動車評論家/レーシングドライバーの太田哲也氏が校長を務めている当ドライビングスクールは、国土交通省安全運転推進事業実績の「injured ZERO」プロジェクトの一環として実施されており、「安全運転を、楽しく学ぶ」をテーマに一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標としています。クルマの運転が上手くなれば安全につながるという基本理念のもと、座学と実践で安全運転と交通マナーを楽しく学べる点がポイントです。

今回は公道とサーキットの中間的な性格であるNATSのサーキットが会場となったので、自分と愛車の限界を試すのではなく、常に意識し、想像力を膨らませてスムーズに愛車を走らせるコツを学ぶことができました。

クラス分けは3つで、ベーシックレッスンクラス、アドバンスレッスンクラス、座学・同乗試乗プランが用意されました。ベーシックレッスンクラスは「ヘルメットを被らなくてもOK」だったので、「一般道での運転に役立てたい」という想いのもとでドライビングレッスンに初めて参加するという方がたくさんいました。

20170513_05 20170513_06

まず、T.BASEメカニック遠藤、インターン尾形による走行前点検講座が実施されました。

20170513_07 20170513_08

座学では、「Gを感じよう」がテーマとなりました。
太田校長は、ドライビングの際にクルマの挙動を感じることを具体的にどうすればよいのかをわかりやすく説明してくれました。

また、今回マツダから開発の上席エンジニアである井上政雄氏が、クルマ作りをするメーカーの観点からGについての講義などを行いました。

20170513_09

ランチタイムには、ホリデーオート編集部より編集長の阪本さん、プロデューザーの加藤さん、マツダ広報部の町田さんによるトークショーが行われました。メディア対抗レースの秘話など、ここでしか聞けないような話題も多く、盛り上がりました。

20170513_10 20170513_11 20170513_12 20170513_13

ベーシッククラスは基礎演習に加えて、先導付サーキット走行で、新緑のNATSコースを走りました。また、アドバンスクラスはフリー走行を中心にスムーズな運転やGを感じることを取り入れて走行をしました。

20170513_14 20170513_15

この日は、マツダ体験試乗会も行われ、新型マツダCX-5やロードスターRFを参加者自らがステアリングを握り、運転することができました。
また、サーキットガイドクルーズではCX-5を運転する講師に同乗してもらい、コースのライン取りについて学んで頂きました。

20170513_16 20170513_17

スクールの最後には修了式が行なわれ、当日のプログラムを全て実施した事を認める修了証とマツダよりメモ超とソウルレッドの特製ボールペンが参加者一人ひとりに対して贈呈されました。

今回もスクールの主旨である「安全」と「マナー」を全員が守り、「injured ZERO」の標語のもとに安全運転とドライビング技術について座学と実践にて学ぶことができました。生憎の天候にはなりましたが、雨の場合の走り方なども含めて体得していただくことができました。 





20170923 8/5 
TOTO2017レポート

開催レポート一覧をみる

スパタイレポート一覧をみる

ncg
2016年度開催スケジュール
2013年12月23日 みんカラ

開催レポート一覧をみる

メディア情報

年間スケジュール

お申し込み

お問い合わせ

個人情報のお取り扱いについて