太田哲也 スポーツドライビングスクールお申し込みお問合せ
講師陣による熱きメッセージ

第10回 桂講師「フィエスタの魅力とは」

トップ写真

 世界ラリー選手権での活躍を、雑誌や各種メディアで目にしていたコンパクトハッチバックのフィエスタが遂に日本初上陸。まるでアストン・マーティンのようなマスクは、フォードのヒトですら(数年前まで同門)「アストンのバッジを付ければ、そのものですねえ」と笑う。・・まったくその通りで、曲面が美しい日本車にはない魅力的なスタイリングだ。

 

 エンジンは3気筒ターボが元気ハツラツ・・低回転から即ターボが威力を発揮してゼロスタート加速から、アクセルを踏み過ぎると軽くタイヤから悲鳴をあげながらダッシュして、ただのファミリーコンパクトハッチとは違う存在を態度で示す。

 操縦性は正確でしなやか。正確とはドライバーが操作したそのままをクルマの動きに反映。しなやかとは硬過ぎず、柔らか過ぎないサスペンションの動き。俗にフランス車のサスペンションを、ネコのようにしなやかな意味から「ネコ

脚」と言うが、フィエスタはドイツ流のネコ脚。コーナーは前輪で鋭く曲がり、後輪がしっかり粘り、踏ん張る。もう、その感触だけでも思わずニヤリとする安定性。・・・その違いはぜひステアリングを握って確かめてほしい。

 

桂さん写真





20170923 8/5 
TOTO2017レポート

開催レポート一覧をみる

スパタイレポート一覧をみる

ncg
2016年度開催スケジュール
2013年12月23日 みんカラ

開催レポート一覧をみる

メディア情報

年間スケジュール

お申し込み

お問い合わせ

個人情報のお取り扱いについて