太田哲也 スポーツドライビングスクールお申し込みお問合せ
講師陣によるインプレッション

砂子教頭によるフォード・マスタング インプレッション

s_MG_6261

 

マスタング V8 GTクーペ
〔インプレッション〕(場所:袖ヶ浦フォレストレースウェイ)

このクルマ。先に言っておこう。
「スポーツカー」というジャンルではなく「アメリカンマッスル」というジャンル。つまり、スポーツカーに求める操縦性は求めるものではない。

スロットルを床まで踏み込み、深くリアサスペンションが沈みこむ。激しいスキール音とタイヤスモークをサイドミラーで確認し、V8・5リッター、腰がシートに押し付けられる、その暴力的加速に酔いしれればよい。

でも、知りたいでしょ??どんなんか・・・

ロール、ピッチングとも大きく、バス?トラックのよう!??また、ブレーキも1.7トンにはプア。ブレーキング初期踏力でノーズはドカン!と下がり、リヤは大きくリフトするその大きなピッチングからすればロールは少なめに感じるかもしれない。

マスタングを速く走らせるには相当な「腕」も必要。

リアサスペンション形式はソリッドアクスル。あえて!?伝統を踏襲し古きアメ車の乗り味を忠実に!?再現している。しかし、しつこく言うが、そんなことはどうでもよい!!

なぜなら「マスタング」だから!!!!

アメリカフォードが、あえて創ったレトロでアナログな乗り味はアメ車ファンの期待を裏切らなかった!!とにかくV8・5リッターのえげつない加速を堪能しようじゃないか!

 





20170923 8/5 
TOTO2017レポート

開催レポート一覧をみる

スパタイレポート一覧をみる

ncg
2016年度開催スケジュール
2013年12月23日 みんカラ

開催レポート一覧をみる

メディア情報

年間スケジュール

お申し込み

お問い合わせ

個人情報のお取り扱いについて