太田哲也 スポーツドライビングスクールお申し込みお問合せ
開催レポート

12月13日 injured ZEROプロジェクト 『Tetsuya OTA × ホリデーオート ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA』開催レポート


日時:2014年12月13日(土)

場所:NATS(日本自動車大学校)
協力:マツダ(株)


東京ドーム3個分の広大なキャンパス内に専用サーキットを持つ自動車整備士養成学校「NATS」を会場として、去る12月13日(土)に、injured ZEROプロジェクト 『Tetsuya OTA × ホリデーオート ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with MAZDA』が開催されました。

自動車評論家/レーシングドライバーの太田哲也氏が校長を務めている当ドライビングスクールは、国土交通省後援の「injured ZERO」プロジェクトの一環として実施されており、「安全運転を、楽しく学ぶ」をテーマに一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標としています。クルマの運転が上手くなれば安全につながるという基本理念のもと、座学と実践で安全運転と交通マナーを楽しく学べる点がポイントです。

毎回サーキットを会場としていますが、それはクローズド・コースであるサーキットが一方通行で、一般道のように無謀な歩行者や自転車が飛び出してこないため、自分と愛車の限界を最も安全に学べる場であると太田校長が考えているからです。

今回は公道とサーキットの中間的な性格であるNATSのサーキットが会場となったので、自分と愛車の限界を試すのではなく、常に意識し、想像力を膨らませてスムーズに愛車を走らせるコツを学ぶことができました。

クラス分けは3つで、ベーシックレッスンクラス、アドバンスレッスンクラス、座学・同乗試乗プランが用意されました。ベーシックレッスンクラスは「ヘルメットを被らなくてもOK」だったので、「一般道での運転に役立てたい」という想いのもとでドライビングレッスンに初めて参加するという方がたくさんいました。いずれのクラスも午前中に講師陣(太田校長および細野講師)による座学を受講し、午後から走行しました。


当日の模様はこちら

まず、TEZZO BASEメカニック金野による走行前点検講座が実施されました。

座学では、太田校長から「きょうは走行記憶を残しながら走ってほしい。常に意識しながら走ることが一般道での安全につながる」ということが語られ、細野智行講師からは「サーキットはコース幅の全部を自由に使える。できるだけハンドルを切らないように、スムーズに走ることを心がけてほしい」といった説明がありました。

injured ZEROプロジェクトの基本概念を説明するコーナーもあり、同時に「交通社会全体をリスペクトすることにより、交通事故が自ずと減るはず」という、今は亡き山路選手のスピリット(Yamaji spirits)を伝えていくことも確認されました。

マツダ株式会社 車両開発本部車両開発推進部の岡本隆秀さんによる、マツダのクルマ造りに一貫する「人馬一体」をテーマとした講義もありました。

ランチタイム&トークショーでは、ホリデーオート編集部のスタッフが2014-2015 日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれたデミオの魅力について語りました。

ランチタイム&トークショーが終わった後、ジムカーナ場に移動し、当スクールの恒例となっている集合写真を撮影しました。

いよいよ午後の走行がスタートです。ベーシックレッスンクラスは、まず、本コースを慣熟走行。その後、細野講師からジムカーナレッスンに関する説明を受け、パイロンが並べられたジムカーナ場を走行しました。先導車付きでの本コース走行も楽しみました。

アドバンスレッスンクラスは、本コースを慣熟走行した後、座学で習ったことを意識しながらのフリー走行を行ないました。

座学・同乗試乗プランに参加した方は、太田校長がドライブするマツダ車での同乗試乗を行ないました。同乗走行はアドバンスレッスンクラスのフリー走行に交ざるかたちで行なわれ、同クラスの参加者たちはプロの走りに感心しながら理想的な走行イメージを膨らませ、自らのドライビングスキルを高めました。

アドバイスタイムも設けられました。今回は「タイヤのスキール音を出さないようにする走り方」がテーマとなり、太田校長から「ブレーキを残すようにしてコーナーに入っていき、荷重移動を意識しながらコーナリングしてください」という説明がありました。

本コースでの最後のプログラムとしてデミオ/アクセラの体験試乗会が行なわれました。今回、教習車となったのは、3台のDEMIO XD Touring L Packageと3台のAXELA SPORT XDで、それぞれに一台ずつ6速マニュアルミッション仕様がありました。体験試乗会では、MT車に乗ってみたいと思う参加者の姿が目立ち、マツダのクリーンディーゼルエンジン仕様MT車に対するクルマ好きの関心の高さを窺い知れました。

今回のイベントには「若者のクルマ離れなんて言わせない!」を合言葉に活動する、学生を中心とした若年層のクルマ好きによるメディアプロジェクト「Next Car Generation」に参画する学生達も帯同しており、走行終了後にマツダ株式会社 広報本部 国内広報課 国内商品グループ マネージャーの町田 晃さんを交えてお話&記念撮影させていただきました。

スクールの最後には修了式が行なわれ、当日のプログラムを全て実施した事を認める太田校長直筆のサイン入り修了証が参加者一人ひとりに対して贈呈されました。

今回もスクールの主旨である「安全」と「マナー」を全員が守り、「injured ZERO」の標語のもとに安全運転とドライビング技術について座学と実践にて学ぶことができました。参加した皆さんにとって、充実した1日となったのではないでしょうか。最後に全員で記念写真!お疲れさまでした!!





20170923 8/5 
TOTO2017レポート

開催レポート一覧をみる

スパタイレポート一覧をみる

ncg
2016年度開催スケジュール
2013年12月23日 みんカラ

開催レポート一覧をみる

メディア情報

年間スケジュール

お申し込み

お問い合わせ

個人情報のお取り扱いについて