開催レポート

2019年8月17日 夏休み特別企画『injured ZEROプロジェクト&スパタイGP2019年第3戦』開催レポート

20190817_01

【日時】2019年8月17日(土)
【場所】袖ヶ浦フォレストレースウェイ
【主催】(株)スポーツドライビングジャパン内Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局

去る8月17日(土)に、幾多のトップカテゴリー・レースで活躍した自動車評論家/レーシングドライバーの太田哲也氏を校長とした、夏休み特別企画『injured ZEROプロジェクト&スパタイGP2019年第3戦』が開催されました。場所は、都心から約1時間とアクセスのよい、袖ヶ浦フォレストレースウェイです。

当スポーツドライビングスクールは「injured ZERO」プロジェクトの一環として開催されています。「安全運転を、楽しく学ぶ」をテーマに、一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標としており、クルマの運転が上手くなれば安全につながるという基本理念のもと、座学と参加者自身の愛車による走行を通じて、ドライビングに関する知識、意識、技術の向上を図れ、交通マナーを楽しく学べる点が特徴です。

参加者受付が始まる前の最初のプログラムとして、TEZZO BASEレース&サービスのメカニックが出走前点検講座を行いました。教習車は、フォルクスワーゲン ポロGTIとフォルクスワーゲン up! GTIという2台でした。

ドライバーズミーティング後の最初のコンテンツである座学講習では、太田哲也校長による「太田流 安全・上手な袖ヶ浦攻略法と落とし穴」をテーマとしたゼミ(車載映像をもとにしたドライビングアドバイス)がありました。「あのコーナーは何速で走ったとか、難しいと感じた場所をメモしておくといい。そうすると記憶が定着する。サーキットは毎週同じところを走る。何の勝負になるのかというと、それは記憶力の勝負になる。前の周に走ったときに自分はどこでブレーキを踏んだのか、とかを記憶するようにしてください」とレクチャーした。

安全運転コンサルティング・メニューの基本となっているのは、交通事故を減らすためには、クルマを自動運転化したり、道路を改善したりしてアクティブセーフティおよびパッシブセーフティを高める方向性だけではなく、運転者である「人」の教育や意識改革といった要素も欠かすことができないという考え方です。その想いに基いて、運転技術、マナー、安全への意識を向上させることを目的としたドライビングレッスンを開催しています。

学んで走るプランのフリー走行付レッスンクラスを受講した参加者たちは、太田校長が運転する教習車による先導走行レッスンとガイドクルーズ講習にて、袖ヶ浦フォレストレースウェイの本コースを走りました。先導走行レッスン/ガイドクルーズ講習の後は、フリー走行を堪能。フリー走行の前に太田校長によるアドバイスタイムがあり、質問も受けつけました。

また、走行重視の新設プランとして設定されたフリー走行クラスに参加したエントラントは、サーキット走行を存分に満喫しました。

参加者全員が座学講習で学んだことを活かし、全走行を通じて「injured ZERO」を体現してくれたこともあり、今回も事故ゼロで終えることができました。今回も参加者は安全運転とドライビング技術の大切さについて身をもって学ぶことができました。安全にドライビング・スキルのアップを図りたい方は『injured ZEROプロジェクト』のスポーツドライビングスクールを受講するのがベストです。参加したいと思っている方は、次回の開催スケジュールをチェックしておくといいでしょう。

20190817_0220190817_03 20190817_04 20190817_05 20190817_06 20190817_07 20190817_08 20190817_09 20190817_10 20190817_11 20190817_12


参加者の声

「太田校長のアドバイスで危なかったらブレーキを踏むということが分かった」(VWゴルフR ヴァリアント Oさん)

「座学からフリー走行まで、初心者にも分かりやすい進行だった」(VWゴルフ Hさん)

「理想的なコースの取り方が勉強になった」(ポルシェ・ボクスターS Tさん)

「サーキットには、安全に走れて、なおかつ速いラインがあることに気づいた」(日産フェアレディZ Mさん)

「今回、初めて受講して、また参加したいと思った」(スバルBRZ Sさん)

「次のアクションを考えてラインを取ることの重要性が分かった」(スバル・レヴォーグ Nさん)

「安全に走るための走行ラインがあることが分かった」(アルファロメオMiTo Sさん)

「暑い中、事故なく終了できてよかった」(ロータス・エリーゼ Iさん)

「サーキットを30分間連続で走るのは、かなり大変だということが分かった。でも、楽しかった」(VWゴルフR Uさん)

「曲線の中に直線がある、という意味において、ストレートがコースのそこかしこにある、という太田校長の話が印象的だった」(VWゴルフR Oさん)

「上級者の初心者に対するマナーがよくて、走りやすかった」(アルファロメオ4C Tさん)

「ライン取りを学べたり、プロの運転を体感できてよかった」(VWゴルフR Iさん)





20191214アドバンス&スパタイGPスペシャル 20191214スパタイGP2019第4戦

injured ZEROプロジェクト
スパタイGP2019年第3戦
2019.8.17 開催レポート

injured ZEROプロジェクト
セミプライベート・スペシャルレッスン
2019.7.27 開催レポート

【今後の予定(仮)】

  • 2019年12月14日
    injured ZEROプロジェクト
    Tetsuya OTA SAFETY DRIVING LESSON
  • 2019年8月17日(土)
    夏スペシャル企画&スパタイGP第3戦
  • 少人数VWゴルフR・GTIレッスン

    開催レポート一覧をみる

    スパタイレポート一覧をみる

    ncg 2013年12月23日 みんカラ

    開催レポート一覧をみる

    メディア情報

    年間スケジュール

    お申し込み

    お問い合わせ

    個人情報のお取り扱いについて